原付免許は125ccまで!原付き免許で「小型バイク」可能に

警察庁は2023年9月7日、原付き免許で乗れる車両の区分を見直す検討に入ると発表しました。

見直しの対象

見直しの検討対象とされるのは、現在の排気量50cc以下の原付だけでなく、125cc以下の小型バイクも対象に加える方針です。
また、排気量125cc以下の小型バイクの場合は、最高出力を原付きと同じ4キロワット以下に抑え、加速力などを制限し、原付き免許で乗れるようにすることが提案されております。

背景

今回の見直しの背景として、2025年11月に国内で新たな排ガス規制が適用されることが挙げられます。新たな排ガス規制では基準を満たすことができないため、現在の原付きは生産ができなくなります。また原付きを改良するには高額なコストがかかり、メーカーの業界団体からの要望もあり原付き免許で乗れる車両の区分を見直すことになりました。

<参考:朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASR966FTGR95UTIL02P.html

関連記事

  1. ガソリン補助金延長決定!ガソリン価格高騰いつまで続く?
  2. ETCゲート ETCゲートを突破してしまったら…
  3. 雪道のチェーン 雪の高速道路はご注意ください
  4. sinryoku 2022年度のゴールデンウイークは、休日割引が適用されません。
  5. 高速道路料金の「車種区分」見直し本格化へ
  6. 休日割引適用外 2022年度のお盆休みは、休日割引が適用されません。
  7. “サンキューハザード”は違反行為?どうす…
PAGE TOP